メインメニュー

九谷焼と小松

石川を代表する伝統工芸九谷焼が息づくまち

小松は、藩政代から続く伝統工芸品九谷焼の産地としても有名です。「小松の人は、たいがい皿やらの裏を見る」とは、日本料理店の御主人の言葉。小松では生活に九谷焼が浸透していて、お気に入りの作家さんのひとりや二人はいます。折を見て、好きな作家さんのものを買い揃えるのも、小松で暮らす人の楽しみとなっています。日常使いの器から、美術品や墓参用の花活けにまで実に幅広く生活の中に溶け込んでいます。
小松では遠来の客のもてなしに、何気なく九谷焼の器を使うことが当たり前になっているのです。

自然の恩恵
九谷焼と小松
安心安全への取り組み