メインメニュー

自然の知恵

豊かな自然の恩恵

石川県の南に位置する小松市は、標高1,368mの大日山から日本海にいたる南北32.6km、東西21.7km、総面積371.13kuの、農林業とものづくりの町です。
小松市の約50%を山林や保安林が占め、約30%が農地、残りの10%強が宅地、残り10%弱がものづくりの工房や工場となっています。大日山からの水脈は地域の農作物を育て、美味しい地酒や料理を産み出し、日本海に豊かな滋養となって注ぎ込んでいます。やがて海の水は雨となって大日山に降り注ぎ、山を育てる。こうして山海の恵みが豊かに循環する土地、小松があるのです。

自然の恩恵
九谷焼と小松
安心安全への取り組み